www.hikarifiber.jp

肉割れと妊娠線の違い

肉割れと妊娠線は、原理としては同じものになります。

 

どちらも、急激な皮膚の押し上げに耐え切れなくなり、ひび割れてしまう症状の事になります。
皮膚をしっかりと保湿し、柔軟にしていれば、予防をする事は出来ますが、

 

やはり妊娠時や成長期などは急激に皮膚に負荷がかかるので、
回避する事ができない場合もあります。

 

ただし肉割れと妊娠線は出来る箇所に違いがある場合が多いですね。

 

妊娠線は主にお腹にできます。
赤ちゃんが大きくなりお腹が張ってくるに連れて妊娠線ができやすくなります。

 

それに比べて肉割れは様々な箇所に出来ます。主に乾燥しやすく、脂肪や筋肉が付きやすい箇所にできやすいです。お尻や太もも、腕、バストなど、色々な所に肉割れの症状が見られる場合があります。

 

どちらも予防したり解決する方法は同様です。

 

保湿をすることで皮膚をやわらかくし、コレ以上被害が広がらないようにすること。
そして、細胞分裂を促す成分(葉酸など)を含んだクリームを塗ることで、傷に治癒を早める事です。

 

ですので、肉割れを消す為に妊娠線クリームを使用することは、もちろん可能になります。