www.hikarifiber.jp

肉割れは成長期に起きやすい?

肉割れは成長期に起きやすいと言われます。

 

成長期に急激に成長することでできる肉割れは、ストレッチマークと呼びます。

 

肉割れは、皮膚の深い真皮層の方でコラーゲン繊維が裂けることで起こり得ます。

 

コラーゲン繊維が裂けるのは、急激に太ったり、筋肉を過剰に鍛えたりした時、体が膨張して皮膚がひっぱられるからです。

 

だから肉割れは成長期に起きやすいのです。

 

思春期などで成長期に一気に身長が伸びたりすると、皮膚が急激に伸ばされるので肉割れしやすいのです。

 

成長期で体のボリュームが急に増すと、皮膚が無理矢理に引き伸ばされてしまうことになります。

 

伸縮性のある表皮はそれについていくことができるのですが、伸縮性に乏しい真皮は急激な成長についていくことができません。

 

そのため、無理がかかって裂けてしまい、傷ができてしまうのです。真皮の裂き傷の跡がいわゆる肉割れとなって現れるわけです。

 

肉割れとセルライトは混同されがちですが、肉割れが真皮が裂けることで生じるのに対し、セルライトは脂肪細胞の肥大や老廃物が滞留することで起きます。

 

肉割れは、若い成長期にできることもあり、年齢は関係ありません。